無標題文件
公會簡介 公會規章 會館巡禮 圖書資訊室 與我們聯絡

重要訊息福利搶鮮報活動快訊進修課程專門委員會求職看板求才看板

新書通報公會出版品會刊

國內法律資料庫網站 國外法律資料庫網站 法律類搜尋引擎 法源電子報
公會相關申請表格 法院各項服務申請表格 政府機構法律訴訟申請表格 其他
宣導手冊 相關法規 流程說明 專家名單 費用標準 書狀表格 Q & A 爭議決定公告
國內網際遨遊 國外網際遨遊 律師研習所
 
回首頁聯絡我們電子報English日文版
 
站內搜尋
 
台北弁護士会は1970年以降、国際環境の変化にともない、積極的に国際交流を推進して政府の国民外交政策に協力してきました。たとえば会員を募ってアジア法学会に出席させ、第15期理事幹事会は訪問団を組織してあらゆる国々の弁護士会を訪問するよう決議し、国民レベルでの外交を深め、同時に我が国の法治精神及び制度を広めました。1990年代から、台北弁護士会はそれぞれ韓国ソウル地方弁護士会、光州地方弁護士会、アメリカ・ニューヨーク市弁護士会、日本第二東京弁護士会及び南アフリカ・ヨハネスブルク弁護士会と交流し、ならびにソウル地方弁護士会と交流協議を締結してきました。

1990年以降、各国の政治経済社会がますます緊密に結びつくグローバル化の進む国際状況のもと、国境や地域を超えた協力関係を築き、同時にデータの取得や再構成に役立つよう、いかなる職業団体もすべて相当の国際的視野を持たなければならなくなりました。台北弁護士会は1994年に日本・沖縄弁護士会と交流協議書を締結して以来、積極的にアジア地区各都市の弁護士団体との友好関係を開拓してきました。2010年に至るまでの間、オーストラリア・クイーンズランド弁護士協会、韓国ソウル地方弁護士会及び日本第二東京弁護士会などと続けて交流関係を結んできました。。このほかにも、国際的な法律関連の非政府組織にも参加加盟しています。2001年7月には「国際法律家委員会」(International Commission of Jurists。以下、I.C.J.)からの招待に応じて同委員会に加入し、積極的に国際人権保証業務に携わってきました。他にも、2008年から、両岸4地域(台湾、香港、マカオ、中国)の交流が日を追うごとに頻繁になり、台北弁護士会も積極的に両岸4地域弁護士同業者と相互訪問を続け、市民フォーラムに参加するほか、前後には深圳弁護士協会、北京弁護士協会及び香港弁護士協会などと交流協議を締結し、徐々に会員を両岸及び世界の巨大なリーガルサービス市場に導き、会員の国際的な視野をさらに広げています。(国際交流の歩みは、添付資料二の通り。)
添付資料二:国際交流の歩み
1983年5月 韓国の漢城(現在のソウル)弁護士会と交流協議を締結。
1990年3月~1991年4月 国際関係委員会を通して積極的に「環太平洋法曹協会」(IPBA)の計画準備及び設立に参加。
1994年2月25日 日本沖縄弁護士会と交流協議書を締結。
2001年7月21日 「国際法律家委員会」(I.C.J.)会長クマド教授(Mr.Kofi Kumado)の招待に応じ、当協会への加入を申請。
2003年9月5日 オーストラリア・クイーンズランド弁護士協会と交流協議を締結。
2008年11月24日 韓国ソウル地方弁護士会と交流協議を再締結。
2009年5月27日 中国深圳市弁護士協会と交流協議を締結。
2010年3月31日 日本第二東京弁護士会と交流協議を締結。
2010年11月17日 中国北京市弁護士協会と交流協議を締結。
2011年1月11日 中国香港弁護士会と交流協議を締結。
無標題文件
網站導覽網站服務條款
c 2010 Taipei Bar Association. All rights reserved. 版權所有 台北律師公會
地址:台北市羅斯福路一段7號9樓 TEL:+886-2-2351-5071  FAX:+886-2-2391-3895